FC2ブログ

今日から両想い




今日は私の生徒さんが一堂に会し、交流会を行ないました。
残念ながら全員というわけにはいきませんでしたが、約半数の22名の生徒さんが参加してくださいました。

今までは発表会などのあとに、お疲れ様会やお茶する程度でしたが、
大きな規模の交流会は初めてでした。

お料理はケータリングを利用しました。
親身になって対応してくださったスタッフさんに感謝です。


s8.jpg


s21.jpg

写真は一部ですが、7種類の盛り料理がでました。


風音ケーナ塾の一期生のみなさんが、申し合わせたかのようにお手伝いを名乗り出てくださいました。
ホント偶然なのですが・・・。その気持ちがとても嬉しかったです。

s11.jpg

しかし私は小さいな。アドバイザーの立場にありながら、生徒さんの中で最も小さい。
貫録なくてごめんなさい。笑


座席はくじで決めました。受付をしてくださったクミコさん、テンパって暗算ができない(爆)私をフォローしてくださったタカヤマさん、
スムーズに席を案内してくださったアルガさん、ありがとうございます!
先日楽器制作をお願いしている方からいただいたお菓子は、この時生徒さんにお配りしました。

ハラシナさんからはお勤め先(高遠のさくらの園)で作っているお菓子の差し入れがありました。

s10.jpg

ネーミングが楽しい!新作が続々登場しているようです。

s12.jpg




あの人の隣がいい! この人の隣はちょっと勘弁・・・などというわがまま言う人はひとりもなく(笑)スムーズに席が決まりました。


Aグループ
s17.jpg


Bグループ
s15.jpg


Cグループ
s13.jpg


Dグループ
s14.jpg


今回の交流会はスペシャル・・・と、うたっていました。
何がスペシャルかというと・・・


自己紹介でプチ自慢をしてみよう!


と、いうことでした。
レッスンの前後に生徒さんとおしゃべりをする機会がありますが、その時にみなさんの特技や貴重な経験をお聞きすることが多いのです。私がそれらを一人占めしていてはもったいないと思い、今回それぞれがみなさんの前で披露していただくことにしました。

みなさん、すごいですよ!
一気に紹介します。


s6_201511020019423cd.jpg

左から
〇M&Oさん姉妹によるコカリナアンサンブル
それはそれは透き通る美しい音色でした。姉妹ならではのコンビネーション抜群でした!

〇EさんのF管オカリナ演奏
温かくてまろやかな音でした。心がホッとします。

〇Mさんの詩吟。キャリアを感じました。ケーナの音が長く伸びるのは、この詩吟で培われたのだと納得。



s18.jpg

〇風音ケーナ塾最高齢のOさんは、樹音というコカリナに似た笛を披露してくださいました。とても優しい音色でした。



s9.jpg

〇Sさんはアンデス25と大きなオカリナを。ピアニカのようなアンデス25の音色は見た目の印象と異なります。みなさんびっくりされていました。



s19.jpg

Let's DIYでおなじみHさんは、期待を裏切りませんでした(笑)。アイデア満載のケーナを披露。鼻笛と一体化した不思議なケーナも登場しました。どんどん進化していきます。一体どこまでいくのでしょう。


s7_2015110200194417e.jpg


〇車とドライブが大好きなTさんは、愛車への熱い思いと、竜飛岬までロングドライブしたエピソードをお話してくださいました。
ケーナで歌謡曲を演奏するのが好きとも。これからは「ムーディータカヤマ」と呼ばせていただきます。笑

〇声楽を勉強されているUさん。素晴らしいテノールを披露してくださいました。声量にも圧倒されました。



s20.jpg

〇Tさんはなんと!お琴を披露してくださいました。雅な音にうっとり。交流会が新春パーティーになりました。
お隣さんについ「新年あけましておめでとうございます」と、言葉をかけそうになりました。笑



s5.jpg

〇Hさんは手遊びを披露してくださいました。ボランティア先でも喜ばれているようです。場が和みました。いいですね~

〇Aさんはケーナとの出会いをお話してくださいました。Aさんにケーナを進めたのは間違いなく私ですが、当時の私はかなりいい加減な教え方をしていたようです。暴露されてしまいました。過去は変えられません。今から変わります。笑


s4_20151102001921e41.jpg

〇参加者の中でひときわ注目された着物姿のFさん。着物が好きで良く着られるそうです。とってもお似合いでした。

〇演劇のキャリアが長いOさんは「みゆき」にまつわるお話をされました。同じみゆきでも該当しない部分がたくさんありました。
狙われないようにだけ気をつけようと思います(笑)。詩の朗読はさすが!でした。プロです。

〇元整骨院長のKさんは、関節や筋肉をしなやかにするストレッチを教えてくださいました。交流会が「風音健康教室」になりました(笑)。意外と難しいです。でも80代のKさんができるのだから、自分はもっと頑張らなくては…汗



s3_20151102001919042.jpg

〇Kさんは自作の水道管ケーナでジャズの「サマータイム」を!レッスン時と異なる「渋い音」を出されていました。

〇「樽」と良く間違えられるNさんは、亡くなった義母さんをお見送りする時に演奏したという曲を披露されました。哀愁も感じる美しい音色に胸がキュンとしました。


s2_201511020019181c0.jpg


〇Nさんは、私に名前を間違えられていたというエピソードを紹介。その節は大変失礼いたしました・・・手先が器用な方で小物づくりがお好きです。

〇Tさんは尺八を披露してくださいました。「広い河の岸辺」を広い音域で演奏されていました。すごい!


s1_201511020019174f0.jpg

〇Sさんは過去に熱中したマンドリン、ケーナと並行している水墨画、囲碁のお話を。両立したいがどうしてもケーナに時間をとられると。私は嬉しい限りです。どうかそのままペースを保ってください!笑

〇Fさんはケーナの出会いと山での貴重な経験をお話してくださいました。制限時間をかなりオーバーしたので途中でベルを鳴らそうと思いましたが辞めました。まだ話題はあるそうなので、いつか「Fさんを囲む会」を開きます。笑

〇Kさんもケーナの出会いをお話されました。ケーナを始めたいが・・・と相談したKさんの友人の姉が、実は私だったというエピソード。小谷の風景がケーナにピッタリ合うと、熱く語ってくださいました。みなさん小谷へ遊びに行きましょう。ケーナを持って!


私は手話を披露しました。高校時代に手話サークルに通い、社会人になってからは、ろう学校で6年勤務しました。そんなこともあり、簡単な日常会話は手話でも可能です。


最後は23名が心ひとつになり、ふるさとを大合奏しました!
録音は後日公開します! 魂が震えました。




そして締めは(乾杯はAさん)くじで当たったMさん。
適任者に当たりくじが回ったと思いました。素晴らしい締めの言葉に感動しました。


こうして楽しい楽しい会はお開きとなりました。
みなさんのプチ自慢に胸がいっぱいになりました。
自慢だけでなく、多くのみなさんのケーナへの熱い思いも語っていただき、本当に嬉しくなりました。


何も続かなかったけれど、ケーナだけは〇年も続いている
先生のケーナの音に惹かれてケーナを始めました
いつも根気強く優しく教えてくださって感謝しています・・・

私は先生に片思いしています

・・・という仰天公開告白も!!!


私は今日の交流会を通して、みなさんのことがもっと好きになりました。
だから片思いではなく、今日から「両想い」です。 笑


拙かったり、おっちょこちょいなところもありますし(汗)、人生経験も浅い私ではありますが、
諦めずに、飽きずについて来てくださる生徒のみなさんには、心から感謝しています。
これからもよろしくお願いします。一緒にケーナやサンポーニャを楽しんでいきましょう!

















スポンサーサイト