FC2ブログ

南米の旅4 画像・動画追記しました!


ご無沙汰しています!
今はペルーのリマにいます。時刻は28日の午前9時です。
毎日元気に過ごしています。何名かの方からマメにメールをいただいています。お返事はすぐにできませんがちゃんと目を通しています。ありがとうございます!


ボリビアのラパスでは、世界的に著名なチャランゴ奏者であり、ヒメネスさんの恩師である、エルネスト カブールさんの私設楽器博物館を見学し、お茶をごちそうになりました。楽しくてユーモアに溢れる素晴らしい方でした。

博物館を後にし、しばらく歩いていると、音楽家の
クラルケン オロスコさんにばったり出会いました。
日本では有名人にバッタリ遭遇する機会はあまりないですが、ボリビアではそれほど珍しいことではないようです。笑

次に国立民族博物館に向かいました。
ボリビアでメインイベントのコンサートに出演するするためです。
サウンドチェックののち本番を迎えました。
あとで来場者の名前を挙げますが、それはそれは地元の方でさえびっくりするような著名な音楽家がたくさん来たようです。
ラパスは元々乾燥が激しい場所であり、さらにステージはライトで砂漠みたいな状況の中、何とか私は自分の課題をやりとげました。あとでたくさんの方からお褒めの言葉を頂戴しました。
この上ない喜びを感じました。
コンサートではワイラハポナンデスの秋元氏が友情参加し、3曲ほど披露してくださいました。
特筆したいことは山ほどありますが、それはのちほど。


ペルーでは、ルリンで行われたとても大きな音楽野外イベントに、兄さんのグルーポと出演し、好評を博しました。このイベントは兄さんのいとこが企画しているもので千人規模の大イベントでした!


と、いうことで更新はここまで。
また、続き書きますね!


sE12ED86D-9EF1-416E-8694-EED9752EFDA2-1304-00000068DFF7FD1C.jpg

ラパスの夜景
コンサートのためのグループ練習
エルネスト カブールさんと
ルーチョ カブールさん(エルネストさんの弟。ケーナの名手)
クラルケン オロスコさんと
エルネスト カブールさんの楽器博物館にて

s2963E855-2F94-451C-8685-A5512790CECD-9780-0000026C0B59C485.jpg

テレビ局にて。
朝食のエンパナーダ



ラパスの国立民俗博物館で行われたコンサートの模様


私はいつでもジャンパーを身に着けていますが、ボリビアは基本屋内に暖房設備はありません。
お店も音楽ホールも美術館もどこも寒いです。(2~3℃)

スポンサーサイト