FC2ブログ

南米の旅3



前回から更新がないものだから、行方不明になっているのでは?と心配されている方々が多くと思います。ごめんなさい。

メキシコまでは順調でした。
ところがリマに着いたら深夜にもかかわらず猛烈な人の数!!リマは南米諸国へ移動するための乗り継ぎスポットなので人の多さは十分わかっていました。
しかし出国手続きの行列を見て、私はすぐに悟りました。

乗り継ぎ手続きに間に合わない

予感は的中しました。
他の便への乗り継ぎを考えましたが、時間的にも、
予約状況からも無理でした。
次の便は24時間後ですと。

この場合乗り継ぎがスムーズにいかない理由で、航空会社が運賃を少し割引してくれたり、宿泊用のホテルを手配するなどの配慮があるのですが、ホテルの手配はありませんでした。

とはいっても深夜3時過ぎにひとりで空港をでることはとても危険できません。ただでさえ客引きが大勢待機していますから。
朝までとりあえず待ちました。

朝方ペルー兄さんに連絡をすると、とても心配していました。
兄さんは今すぐにでも迎えに行きたいと言っていましたが、学校が長期休業に入る前という重要な日で休むわけには行きませんでした。しかも家から1時間以上かかる場所です。


結局私はひたすら空港で過ごしました。

退屈にならないようにと、兄さんが時間の合間をぬって頻繁に声をかけてくれました。そしてくれぐれも防犯に気をつけるようにと。
その精いっぱいの優しさが身にしみました。
そして
私は空港内のショップは詳しくなりました。笑


待ち通しかったフライト時間がせまると、十分すぎるくらいに余裕を持ってチェックインしました。
搭乗ゲート近くのおしゃれなレストランで、セビーチェと南米のフルーツジュースを堪能しました。
すごく美味しかったです!


そして無事にメキシコへ。

深夜3時にもかかわらず、ヒメネスさんとマネージャーさんが空港までお出迎えにきてくれました。
感激しました!
宿泊先のホテルに案内される途中に見た、ラパスの夜景は一生忘れることはないでしょう。
クスコの夜景をさらに上回っていました。

翌日のラパスは、1日分減ってしまったためにタイトなスケジュールになりました。でもとても有意義でした。
ケーナの名手ルーチョ カブールさんと、公園でジュースを飲みながらケーナの話をしたり、
メンバーとハードな練習をしたり。

そしてこれからはボリビアのテレビ局に行き、インタビューを受けます。
今夜メインのコンサートに出演するので、そのための宣伝です。
エルネスト カブールさんにもお会いします。
盛りだくさんの一日です。

フェイスブックにはすでに写真も載せていますので、アカウントある方はご覧ください。
こちらの写真はwifi や作業工程の件で少し先になります。ごめんなさい。

それでは、また報告しますね、

スポンサーサイト