FC2ブログ

印度を楽しむ日



今日は特集号です。笑
私が気に入ったことは、ケーナに関係なく特別にレポートしてしまいます!






今日は午前中の単発レッスンを終えると、ただちに穂高へ向かいました。

このイベントを楽しむためでした。

sシネマフェスタ


12時からのDOON食堂 印度山のカレー(印度料理ファン投票1位を獲得した人気店)が食べたくて、ちょっと急ぎました。笑


sC1BAA91A-D1A6-4E86-94B2-EE6895612C50-2983-0000037D5FC5259E.jpg



受付には風音のオカムラさんがいました。このイベントのプロデューサーです。

撮影NGで残念でしたが、
印度のファッションがとってもステキでした!

スタッフさんに 私を

カラダは小さいですが、ケーナの大先生です

と、紹介してくださいました。ありがとうございます。笑



風音のベルさん、ふぅさんもスタッフとして、細やかに動いていらっしゃいました。
やはり印度ファッションスタイルでした。二人ともとてもお似合いでした。
私もイベントを楽しもうと、印度のワンピースを着ていきました。(娘からの誕生日プレゼント)


sA02D9077-1589-4A25-80D2-5A6885D4C499-3193-000003B54A273A87.jpg

s0932C376-CABE-4604-8122-9B745906ED0E-2983-0000037BFAD84741.jpg

sEC3DBA0B-6259-4FEF-B977-F161F8E4B75D-2983-0000037C63713880.jpg






カレー販売のブースにはたくさんの列ができていました。大人気です。印度人の店長さん自ら接客されていました。


sA59ADE0F-A2BB-4345-8D90-D0F57CB9D8E2-2983-0000037CB69EEE5D.jpg



このカレーが美味しくて♡
スパイスがふんだんに入っています。けれど味はまろやかで、後味がスッキリ。日本のカレーとは全く別物でした。
毎日でもいいかな。私は唯一お肉は鳥がOKなので、チキンカレーだったこともラッキーでした。
(ビーフやポークだったらカレーを諦めていました)



プロデューサー・オカムラさんが自ら食事のテーブルを回り、お水のサービスをされていたのが印象に残りました。

水道の水ですけど

と、一言添えて手渡していました。個人的に軽くツボにはまりました。



美味しい食事の後は、ホールに移動し、いよいよ印度映画の上映会です!
会場は超満員。椅子が補充されました。


s1CA97385-070B-4DB2-8D2C-124EE56BC3D1-2983-0000037CDC702FCF.jpg


sC1690565-EB7B-49BB-A93C-43586091CB54-2983-0000037C84F49CD8.jpg





上映時間なんと3時間!(途中休憩が入ります)

私は印度映画を見るのは今回が初でした。最初に感想を言ってしまいますが

印度映画最高!! 大ファンになりました!


ここ2年ほど映画の頻度は低くなっていますが、それまではアメリカやヨーロッパの作品を良く見ていました。(生活臭を感じる中でのビデオは、その世界に浸れず好きではありません。なので映画は必ず映画館で見ることにしています)
しかし今回の作品は、印度映画初体験にしていきなりベスト1決定です!

これほど会場のみなさんと大笑いし、泣いた映画は記憶にありません。遠慮せず、回りを気にせず笑っても泣いても全然平気!!という空気が会場内に漂っていました。


ストーリーは割愛しますが、決まったレールに縛られず、自由に生きること、自分に素直に生きることが描かれています。
その結果、成功もするということをラストで伝えています。
メッセージ性が高く、見ていてどんどん元気が出てくるというか、背中を押される感じがしました。

あのスティーブン・スピルバーグが「3回観るほど大好きだ」と評価したのも納得できます。
本当に何度でも見たくなる、素晴らしい映画でした。


そういえば最近いい映画見ていないな・・という方にぜひお勧めします。
ラストは今日のカレーの味のように、清々しくハッピーな気分になること間違いなしです!


主演の男優(アーミル・カーン)さんは撮影時44歳で、大学生(ランチョー)を演じました。凄い俳優さんです。
もし目の前にランチョ―のような人物があらわれたとしたら、私は間違いなく恋に落ちるでしょう♡ 笑







このあと、映画監督の河崎義祐さん、映画コラムニストの合木こずえさん、先述のカレー屋オーナーさんによる、印度映画のトークショーや、横田ゆうわさんの印度舞踊があったのですが、私は次の用事のため、後ろ髪をひかれる思いで会場を後にしました。


こんなにステキなイベントを企画してくださったオカムラさん、ありがとうございます!大盛況で良かったですね!
また、ベルさん、ふぅさん、お手伝いお疲れ様でした^^


来年は南米映画、再来年はロシア映画・・・・というようにテーマが変わっていくのかなぁ。これは定着しそう。
凄く楽しみです。毎年絶対参加したい♡











スポンサーサイト