FC2ブログ

ご来場のみなさまありがとうございました!



風音ケーナ塾7周年記念イベントがすべて終了しました。
台風のピークとちょうど重なり、その進路にはヤキモキしましたが、お空が見方をしてくれたようで、
コンサートもワークショップも台風の影響を受けることなくスムーズに行なうことができました。
(上田方面は相当な豪雨だったようで、両親は大事をとり松本で一泊しました)

コンサートにはたくさんの来場者がありました。
リスト上のカウントは133名でしたが、台風やお家の都合で当日キャンセルがあり、最終来場者数は122名になりました。
本当に本当に嬉しいです。ご来場のみなさまありがとうございました!

今回のコンサートは風音の塾生さん(+両親)の協力がなければ実現できませんでした。
スタッフの13名のみなさんには心より感謝します。1月のベルデオスクーロ・・・のコンサートにお手伝いしてくださった方ばかりなので、とにかく行動がスムーズ。安心して各部所をお任せすることができました。事前の顔合わせはなく、たった2種類のプリントだけで動いてくださったのですが、あらためて風音のチームワークの良さを感じました。

セルヒオとトヨさんの音楽はそれはそれは素晴らしいものでした。
管1本、弦1本が奏でる音楽。今年も数々の生演奏に触れてきましたが、今回がもっとも魂に響く音楽でした。

プログラム最後の曲「オリャンタイ」は大好きな曲です。20代の時、初めてセルヒオさんと出会い購入したCDに収録されていました。今のこの曲を聴くたびに20代の自分がよみがえります。

割れんばかりの拍手とアンコールの後に2曲演奏しましたが、どれも当日楽屋で初めて仕込んだ曲でした。汗
当然ですが楽譜など一切ありません。すべてその場で耳コピです。こんなこともできないの?とトヨさんに思われるのが嫌で(普段から私のケーナを高く評価してくださってることもあり)、限られた時間に必死に覚えました、が、本番では目立つミスタッチがありました。プロとして恥ずかしいです。それでもずっとずっと共演したいと思っていた夢が実現し、感謝と幸せな気持ちでいっぱいです。私の一生の思い出になるでしょう。


おかげさまで来場者さまよりたくさんの嬉しいメッセージが届いています。私のメールにもたくさん、またスタッフさん経由でも届いています。こんなに反響の多いコンサートは私の音楽人生上珍しいかもしれません。
お見送りの時に、涙を流しながら「良かったです!」と伝えてくださった方もいました。丁寧に電話で生の感想を伝えてくださった方も3名ほどいました。うち2名は面識のない方。今朝は嬉しいご感想と併せてレッスン入会のお申し込みもいただきました。「先生の謙虚なお人柄に魅かれて」とおっしゃっていました。なんだか胸がドキドキしました。
ご感想の多くはゲストの演奏が良かった!楽しかった! 素晴らしかった! 演出が良かった!というものですが、その次に多かったのは「先生のお人柄が人を呼ぶということを感じました」というものでした。(なんとも幸せ!)
また「スタッフさんの優しい対応が素晴らしかった、嬉しかった」という声もたくさん届きました。
どれも宝物のように大切なメッセージです。

コンサートも片づけも順調すぎるほど順調で、予定より早い時間から打ち上げを始めることができました。
打ち上げ参加メンバーには、何かとお世話になっていて、私のライブの常連になりつつあるツジさんと、セルヒオさんのお弟子さんで群馬からお越しのTさん(女性)も誘いご一緒しました。(Tさんもセルヒオ&トヨさんのライブを企画されたことのある方です。とても優しくステキな方でお話が弾みました^^)
打ち上げ欠席のスタッフさんには、今日のお礼に私からトヨさんのサイン入り新作CDを進呈しました。
みんなで何度も乾杯しながら楽しい時間を過ごしました。お酒が大好きなトヨさんには信州のお酒をたくさん召し上がっていただきました。大笑いする時間もあり、真面目に反省をする時間もありました。

トヨさんから私のケーナに対する直球の指摘とアドバイスがありました。日本のトップフォルクローレ奏者の言葉に重みを感じました。
課題が明確になったことで、今後精進のしがいがあります。さらなるレベルアップを目指していこうと思います!
褒めても(笑)くださいました。
「今回信州で着実にケーナの根が広がってきていることがよーくわかったよ。それって堀さんの人柄が大きいと思う。楽器がただうまけりゃいいってもんじゃないんだよ」と。嬉しくて泣きそうになりました。



7年前に5名でスタートした風音ケーナ塾。今では55名になりました。そして今も増えつつあります。
今月だけで4名のご入会希望をいただきました。私のキャパはそろそろ限界にきているかもしれませんが、
塾生さんや生徒さんにご迷惑、ご心配をかけないように、私のペースを大切に頑張っていこうと思っています。
私のケーナアシスタント養成を本気で考える今日この頃。





そして一夜明けた今日は、お二人によるワークショップを開催しました。
ケーナをメインにしたレクチャーでした。難易度高めでした(中級~上級向き)。でも講師の私でも大いに参考になることをいくつか教えていただき、大変ありがたく思いました。私がレッスンで教えていることと内容はそれほど違いはありませんが、
「ああ、こういうたとえ方があるなぁ」とか「今度この部分をもう少し丁寧に教えてみよう」と、見直す箇所がいくつもありました。
発表会を間近に控えた塾生さんの中には「参考にしたいけど、今やったら絶対混乱する~!」と、ややパニック気味(笑)の方が何名かいました。確かにそれはいえるかもしれません。急に方法を変えて良くなる場合もあれば、返って悪く(下手に)なる場合もありますので、そこは無理せずゆっくりいきましょう。また細かなことはレッスンでご相談ください。

午後はトヨさん&マネージャーさんとお別れしました。帰り際、トヨさんに「風音ケーナ塾の専任特別講師になるからね」と言ってくださいました。「堀さんのためなら、美味しいお酒を飲ませてくれるならいつでも手伝いに行くよ」の言葉でコンサートを企画した私。そんなこと言われたらまたあてにしちゃいますよ。笑
一方のセルヒオさんは、特に早く帰る予定もないのでゆっくりしたいということで、しばらく松本市内案内をしました。お勧めの和食処でお昼を食べ、松本城をぐるりと散策しました。初めて見たという松本城の雄大さに感動していました。
途中、今年の夏にペルーに里帰りされた時の写真をスマホで見せ、画面上の空を指さしながら、
「ほらね、松本の空はペルーの空と同じだよ」と、言った言葉が印象的でした。
コンサートチラシの作成方法や、ペルーのピアノ事情等の興味深いお話もでき大変参考になりました。


こうして長かったような短かったような二日間の記念イベントは終わりました。
今の私は安堵感でいっぱいです。でもそれほどゆっくりする間もなく、次の大きな課題が待っています。
それは一年で最も大きなイベント「発表会」です!

こちらも頑張っていきます!でも一番頑張るのは私ではなく、塾生さんですね。^^:


コンサートの写真は追っかけ父に一任しました。明日以降に動画と、コンサートの音を一部セットにして公開したいと思います。
今日の動画はショートバージョンで、ふうさん、ツジさん、追っかけ母、私の写真を使ってとりあえず作ってみました。ご覧ください。

最後になりましたが、差し入れをくださったキミさん(風音)、クミコさん、ナカさん、塾生さんのケーナを作ってくださっている職人さん、更埴のチノさん ありがとうございました!ごちそうさまでした!





動画中チケット124枚とありますが122枚の入力ミスです





























スポンサーサイト