FC2ブログ

2年前の8月15日



残暑お見舞い申し上げます




2年前の今日は何をしていたかというと、
六本木で行われたコンテスト(全国大会)に出場していました。

私は信州のフォークバンド「雪化粧」のサポートプレイヤーとして参加しました。
音源審査を(審査員は、さだまさし&南こうせつさん)経て、本選への出場権を手にしました。
100を超えるバンドのエントリーのうち、10バンドが本選に出場しました。





審査委員長は竹中直人さんでした。審査員にはキマグレンやワイルドワンズなども・・・。
竹中さんとは気軽におしゃべりしたり、記念撮影にも応じてくださって、その偉ぶらない姿勢に一気にファンになってしまいました。


コンテストの大舞台に立てたこと、全国から選ばれたパフォーマーとの交流・・・本当に夢のような体験をしました。
私にとって一生の宝物です。









夏にちなんだ曲ということでこれを演奏してみました。

Summer Time

おしゃれな雰囲気のある曲なので、夏の日に愛を語り合う歌・・そんなイメージを持ってしまいがちですが、
実は子守唄なんです。
トランペットやサックスのように渋~い音も悪くはありませんが、私はあえて枕元で母親が子どもに語りかけるように
演奏しました。譜面なしのアドリブでやっています。ケーナの約1.5倍の長さのケナーチョを使用しています。








調子に乗ってもう一曲。

今度はサンポーニャで遊んでみました。
曲は

大空と大地の中で


松山千春さんの曲ですね。
7月にラジオでデビュー40周年記念番組をやっていたのを、たまたま耳にしました。
「大空と大地の中で」が流れた時、バチバチッと耳に来て
「あ、これはサンポーニャにあう曲だ!」と、直感しました。

こう言ってはなんですが、
私はポップスから南米民族楽器の音をイメージするのが、ちょっと得意だったりします。

ということで、しばらくそれを温めていましたが、今日実践してみました。
ところどころミスタッチっぽい所がありますがお許しください^^;




※最後のクレジットにケーナとありますが、サンポーニャの間違いです(^^;













スポンサーサイト