FC2ブログ

最高の一日!!


どうか日付が変わらないで・・・と、思うほど、楽しく幸せな一日でした。



前半は富士見の「八ヶ岳アルパカ牧場」へ行きました。
このイベントは、湊の風のヨコセさんより情報をいただきました。風音のアルガさんはこの近所にご実家があります。
私は初めて訪れましたが、大変のどかで心地よい場所でした。


ロス・アウキスは特別編成でした。ボンボを担いだイリチ氏と、チャランゴの草薙氏が正式なメンバーです。
リーダーのセルヒオ氏は都合により欠席でした。
「お休みです。ごめんなさ~い」と、本人より電話をもらっていました。



sIMG_2120.jpg


sIMG_2127.jpg


やはりフォルクローレは野外が似合います。(演奏する側はそうでもないのですが・・・苦笑)


sIMG_2131.jpg


秋からのダイエットに成功した草薙氏。さらに格好よくなりました。


sIMG_2153.jpg


ペルー友好親善記念式典も行われました。間近で拝見したペルー大使とそのご家族。まばゆいほどのオーラを放っていました。




湊の風他のメンバーが大集合しました。

sIMG_2219.jpg

演奏者をのぞいて左から、トミさん、ベルさん、アルガさん、ヨコセさん、エミさん、キミさん

みなさんとってもいい顔をしていますね!会場にいたはずのイマイさん、ヨコウチさんとご一緒できず残念。


草薙氏とはお決まりのツーショット。
撮影時は「腕を組む」のがお約束事になっています。笑
家族に「ちゃんとお仕事をしている」という証拠を見せるため、写真はどんどん撮ってアップしてかまわないと言われました。

sIMG_2212.jpg

たびたび私のブログやFBを見てくださっているようです。「今度チャランゴ伴奏必要な時は声かけてね!堀さんからの頼みなら、美味しいお酒を用意してくれればいつでも駆けつけますよ!」と。
そんな嬉しいことを言ってくださるならと、その場でライブの提案をさせてもらいました。


草薙氏とセルヒオ氏のライブをします!風音ケーナ塾の主催で。

早々宣言しちゃった。


草薙氏は日本を代表するチャランゴ奏者です。彼をご存知ない方のために・・・

https://www.youtube.com/watch?v=PIIYp1yYbKg

https://www.youtube.com/watch?v=JA7rWTKJHRY




園内のアルパカちゃんとも遊びました。
もう嬉しくて楽しくて、いつになくハイテンションな私でした。私としばらく同行したエミさんは、ちょっと引いていたかも。笑

お子さまの撮影用に・・・と置かれていたペルーの帽子をかぶり、餌やりに興じる私。

sIMG_2229.jpg


この写真↓すごく気に入っています。エミさん上手♡
エミさんにも無理やり同じ帽子をかぶらせて、写真撮ってあげちゃいましたけどね。笑

sIMG_2232.jpg



イリチさんともツーショット。過去にも何度も撮っています。こちらは腕組みのお約束事はありません。

sIMG_2216.jpg


アウキスライブは、コンドルやサンファニート、サリリなど、フォルクローレの人気曲が演奏されました。
アンデスの青い空と眩しい太陽をイメージする、躍動感あふれる演奏でした。



次の予定のため、後ろ髪引かれる思いで牧場を後にしました。



次に足を運んだ場所は山形村のアイシティ21。私はここの2階でケーナレッスンの講師をしています。(NHKカルチャー)

14:00と16:00のセサル氏のライブを堪能しました。
昨年ライブで知り合った、セサルの追っかけHさんと再会を果たしました。もうとっても楽しい人で、出会って間もないと思えないほどのフィーリング。世の中にこういう人もいるんだなぁ・・・と嬉しくなりました。(私よりずっとお姉さんです)

14:00の公演には風音のタカヤマさんの姿を見つけました。

私がすかさず挨拶に行くと、隣のHさんが
「これはこれは、アイシティの店長さんでいらっしゃいますか」と。

タカヤマさんと私は思わず吹き出しそうになりましたが、いつも身なりがきちっとされていて、上品な雰囲気が漂うタカヤマさんですから、間違えられても不思議はなさそうです。


sIMG_2228.jpg


sIMG_2224.jpg


sIMG_2206.jpg


16:00の公演にはタカオさんご夫妻の姿がありました。
フォルクローレっていっても、いろんな種類があるんだね~というお話をしました。

そうですね。国によっても、アーティストの色によっても、楽器によっても、例えば「コンドルは飛んで行く」ひとつとっても、表現が異なります。そこが面白いのですね。
音楽に正解はありませんから、ひとりひとりがお気にいりの音楽を大切に出来たらと思います。


ちなみに私はセサルの音楽は好きです。
音符ひとつひとつが心に沁み込んでいきます。生まれも育ちもエクアドルのセサル氏ですが、日本人の感性に近いものを持っているようで、それが音楽に投影されているのを感じます。
なので、私のケーナやサンポーニャの表現を考える時、彼の奏法を参考にしたいところがたくさんあります。
いつも勉強させていただいています。


セサルさんがバイオリンを演奏する様子(今はこのグループを脱退しています)

https://www.youtube.com/watch?v=c2bNwg7qyg8


たぶん、彼はこういう音楽を求めていなかったんだろうね。自然派で行きたかったのかな。昨日の彼は幸せそうでした。
上高地が大好きな場所だと言っていました。毎回そう言っています。上高地の自然が彼の曲づくりの元となっているようです。




そして今回もハグと記念写真を。3回目になります。

sIMG_2215.jpg

後で「今日はありがとう」のメールもいただきました。安全運転で九州にお帰り下さい。
今年はもう一回会えるかも。待ってます。



後で追記するかもです。



スポンサーサイト